ご挨拶

数あるWebサイトの中から当サイトへご訪問いただき、誠にありがとうございます。

きっと多くの方が「お葬式」や「法事」といった仏事ごとと併せて、「お坊さん」や「お寺」などのキーワードで検索されたのではないかと思います。

普段からお付き合いのあるお寺のことを「菩提寺(ぼだいじ)」といいますが、都市部ではこの菩提寺を持たない方が大変多くいらっしゃいます。
そんな都市部において、”僧侶派遣”という言葉が最近話題になっています。
ご家族を亡くされたり、故人様の回忌法要を予定されているなど、仏事ごとの際にお経を読んでもらえるお坊さんを”派遣”する、そんなサービスです。

「お寺との無理なお付き合いが必要ない」、「お布施が明瞭」といった耳障りの良い謳い文句で、一部の業界では一世を風靡しているこの”僧侶派遣”。
弊社も平成24年11月に”僧侶派遣業者”として産声をあげて以来、非常に志高く、そして現代社会におけるお寺や仏教の在り方を真剣に模索している素晴らしいお坊さんとたくさんのご縁をいただきましたが、アルバイト感覚でお勤めをされる方も少なくない事実に肩を落とすことが何度もありました。

私たちが第一に目標としなくてはならないのは利益ではなく、仏教を求めている方々とお寺とのご縁作りであるはず。

初心に帰り、私たちは”僧侶派遣”をやめることにしました。

紹介者にはとても重い責任があります。この責任を全うするためには、ご紹介差し上げるお寺の在り方、ご依頼をいただくための仕組み、そして関わる全ての人の想いが、”僧侶派遣”のそれとは一線を画さなければなりません。

いざという時だけでなく、心に不安や迷いを感じた時、嬉しいことがあった時、共に悩み、喜び、支えてくれるお寺。
そんなお寺をご紹介差し上げることが、私たちの使命です。

まずは気が向いた時だけでもいい。お寺に目を向けるきっかけ作りとして、私たちのサービスが皆様のお力になれれば幸いです。

株式会社 唯心
代表取締役 丸山 大三